2024絵本作家フェスタ
10/2(水)〜10/8(火)
11:00〜18:00(最終日17:00)
ブックハウスカフェこどもの本&カフェ
1階ギャラリーこまどり

2024年04月08日

おすすめの絵本B

今回は、フェスタのメンバーからのおすすめ情報です。
「らっこちゃん」えとぶん MAYA MAXX
独特の絵が印象的な赤ちゃん絵本のようです。
実は、近くの本屋に置いていなかったため、
私自身、まだ読めておりません。
ということで、推薦者のコメントをご紹介します。
「圧倒的な画力で描く赤ちゃん絵本で、書店で初めて見たときは、
この手があったかと愕然としました。
MAYA MAXXの他の絵本とは明らかに違う手法で、
らっこちゃんのうるうるした目にメロメロになります。」
とのことです。
どんな手法なのか気になりますね。
ぜひ読んでみたいので、図書館や、別の書店で探してみようと思います。

原田
posted by 絵本作家フェスタ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月06日

かわいいおかしBとかんカン缶

久しぶりにかわいいお菓子買ってみました
IMG_3695.jpeg
色合いがとってもかわいいペンケース!
IMG_3696.jpeg
でも中はいたって普通のガレット
お味は…まぁ星1つってかんじかな

そして気づいたら缶がこんなに
IMG_3702.jpeg
もらったり買ったり
かわいくない物まで入れたらもっといっぱいあります
缶っていつか何かに使えそうとか思うとなかなか捨てられなくてね〜
ちなみに左端のロンドン電話BOX風の缶、もとはショートブレッドが入ってたんだけど
試しにほうじ茶大袋を入れてみたらこれがシンデレラフィット!
こういうことがあるから捨てられないんですよね〜

posted by 絵本作家フェスタ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月04日

おすすめの絵本A

今日、ご紹介する絵本はこちら。
「おとなりさん」作・きしらまゆこ 絵・高畠純
ひとりで気ままに暮らしていたにわとり。
となりに、誰かが引っ越してきました。
会ってみたいと思いつつも、すれ違うふたり。
でも、ある日、とうとう会うことができて…。
この作品は、なんと言っても、
ふたりが初めて会えたシーンが素晴らしいのです。
ついつい、言葉で飾りたくなってしまうところですが、
多くを語らないほうが伝わることもあるというのがよく分かります。
絵本ならではの表現といえるかもしれません。

フェスタのメンバーからも、おすすめ絵本の情報が寄せられています。
次回は、そちらを更新する予定です。お楽しみに。

原田

posted by 絵本作家フェスタ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月03日

さくらのきもち

週末はちょこっとしか咲いてなかった桜が
ここ数日の暖かさでようやく咲き出しましたね
ところで、毎年この時期思うこと…
IMG_3689.jpeg
枝じゃなくてココに咲いちゃってる子
胴咲き桜っていうらしいんですが
花開いた時何て思うんだろう?
「あ、間違っちゃった!てへっ」って感じかな
それとも「ひとりぼっち。くすん」とか
それか「ひろーいとこ、ひとりじめー!」かな
毎年そんなこと考えながら花見してます

ところで今年はこんなとこにも発見!
IMG_3692.jpeg
これ落ちてるわけじゃなくて根っこに咲いてるの
根咲き桜とでもいうのかしら?
この子達も何を思ってるのかなあ





posted by 絵本作家フェスタ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月01日

おすすめの絵本@

新年度に当たって新しいことを…というわけでもありませんが、
数回にわたって、おすすめの絵本を紹介してみようかと思います。
記念すべき第1回は、「りんごがひとつ」作・絵ふくだすぐる
です。
以前にどこかで話したことがあるような気もしますが、
自分の目指している絵本の理想形といえるほどのお気に入りです。
ハラハラさせる展開に、ユーモアを交えつつ、
最後はちょっと温かい気持ちになれる、そんな絵本です。
昔、本屋でたまたま出会って、即購入したのを覚えています。
ぜひぜひ、一度読んでみてください。

原田



posted by 絵本作家フェスタ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする