絵本作家フェスタでは参加者を募集しています。

2019年06月18日

りゅうのめのなみだ

先日、新宿情報館で休憩がてらたまたま読んだ絵本
「りゅうのめのなみだ」(浜田広介・文/いわさきちひろ・絵)偕成社

昔読んだような気もするけど内容は覚えてませんでした。
簡単にいうと、
みんなが怖がる竜。怖がってばかりでは竜がかわいそうだ
という無垢で心の優しい少年と山の奥に住む竜のお話。
(もっと深いですけど💦)

この絵本を読んで絵はもちろん素敵ですけど
私は文章にすごく惹かれました。
今の絵本にはあまりない、昔の絵本ならではの語りのような文章。
読みすすめていくのがとても小気味好く
こんな文章が書けるようになりたい!と思わされました。
機会があればぜひ♫
posted by 絵本作家フェスタ at 19:05| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

お早めに〜

みなさん
絵本作家フェスタへの参加申し込みはもうお済みですか?
6/25(火)までなので申し込みをお忘れの方はどうぞお早めに。

ご質問、お申し込みはこのブログへのコメント
もしくはメールでも受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。
IMG_1389.JPG
posted by 絵本作家フェスタ at 20:47| Comment(2) | 実行委員からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

世界はほしいモノにあふれてる

またテレビの話ですけど…
一昨日NHKで放送された「世界はほしいモノにあふれてる」
イタリアボローニャの世界最大の児童書ブックフェアで
絵本を探す旅の話でした。

ボローニャといえば絵本。
以前からボローニャには行ってみたかったので
絵本だけでなく街や食の情報などもあり楽しかったです。
ブックフェアには「かいけつゾロリ」の原先生もいらしてました。

6月18日(火)に再放送があるようなので
まだご覧になってない方はぜひ♫

posted by 絵本作家フェスタ at 00:36| Comment(2) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

ダークサイドミステリー

NHKで放送されている「ダークサイドミステリー」が面白いです。
特に面白かったのは数週間前に放送されたグリム童話編。

「ハーメルンの笛吹き男」は130人もの子供たちとなぜ消えたのか?
ハーメルンには今でも子供たちが連れ去られたという
舞楽禁制通りというのがあって、ダンスや音楽が禁止されています。
歴史ある文書にも子供失踪事件は記されているそうで。
子供が消えたのは処刑場のあたりとか…
疫病や洞窟に生き埋め、少年十字軍、東方移民説など
色々な説があるようです。

このほかに
「ヘンゼルとグレーテル」が殺したのは本当に魔女だったのか?
実は森の親切なをおばあさんを殺して財産を奪い
それを正当化するために魔女と偽ったのではないか。

「シンデレラ」は
密かに受け継いだ亡き母親の遺産を増やし
ドレスをまとい舞踏会に行き、恋の駆け引きの末
お妃の座を射止めた痛快逆転劇!

当時の時代背景や史実を元にした怖いけど面白い推理番組でした。
再放送があればぜひ♫

NHK「ダークサイドミステリー」↓

posted by 絵本作家フェスタ at 00:00| Comment(2) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

次回作はどんな感じですか?

昨日オズの魔法使いの絵本展で洲上さんとお話しした際
「次回作どうですか?11月なんてあっという間ですよ」
という話になってちょっと焦りました。
絵本作家フェスタまではまだ半年あるけれど
お話を考えてテキストを考えて絵を描いてダミー本を作る
って考えたら確かにあっという間です。

それなのに私の頭の中といえば
「うー、マンボ!」っていうフレーズがリフレイン。
この曲を使った絵本を描きたいけど音を絵本にってむずかしい…。
というかホントにこれ絵本にするの?(自問自答)
まだまだこんな感じで全然進んでません。
みなさんどんな感じですか?
IMG_1388.JPG
posted by 絵本作家フェスタ at 00:27| Comment(4) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする