絵本作家フェスタでは参加者を募集しています。

2019年02月08日

ハッピーセット絵本第5弾

マクドナルドのハッピーセットの絵本は
第5弾が始まりましたね。
今回の絵本は『すてきなぼうし』作/おばた ゆうきさん

おばたゆうきさんは
漫画『僕等がいた』の作者小畑友紀さんです

まだ絵本を読んでないので
ハッピーセットを買って読みたいと思います。
posted by 絵本作家フェスタ at 23:52| Comment(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

新国立競技場いつのまに!

絵本に全然関係ありません。。。
IMG_1348.JPG
たまたま新国立競技場の前を通りかかったら
こんなに出来上がっていたのでびっくりしました!
考えたら今年2019年はラグビーW杯もここですし
東京オリンピックだけではないので
急ピッチで仕上げてるんでしょうね。
隈研吾さんの設計らしくふんだんに木を使っていて
ちょっとカッコよかったです。
IMG_1347.JPG



posted by 絵本作家フェスタ at 22:30| Comment(2) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

絵本はタイトルが命

もちろんなかみがいちばん大事です。
(当たり前ですね💦)
ですが、もしも絵本を出版できた時
本屋さんに並んでるたくさんの絵本の中から
選んでもらわなければなりません。

以前聞いた話ですが。。。
絵本が本屋さんに並ぶとき
大抵の場合平置きではありません。
有名な作家とか、ロングセラーの絵本とか
大きな賞をとったとかなら新人でも平置きはありますが
ほとんどは、ほかの多くの絵本といっしょに
書棚に立てかけられます。
その場合お客さんから見えるのはタイトルだけ。
だから「ん?読んでみたい」と思ってもらえる
タイトルをつけることがことが重要らしいです。
簡単にいえばキャッチーな。。。

結局のところ
絵本でも小説でもなんでも
タイトルは大事ですけどね。。。

posted by 絵本作家フェスタ at 00:00| Comment(2) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

2つの気になる展覧会

昨日のブログに書いたMOEの中に
気になる展覧会情報を見つけました。

ひとつ目は
安野光雄『あ!絵本?』シリーズ
世界の少年少女文学 装画・挿絵展

教文館6階ナルニア国 ナルニアホール
開催中〜2月26日(火)
安野さんの素敵な挿絵で「小さな家のローラ」
「赤毛のアン」「あしながおじさん」「メアリ・ポピンズ」
(すべて朝日出版社)といった児童文学の古典名作が
ユーモアたっぷりによみがえったそうです。

そしてふたつ目は
練馬区ゆかりの漫画家  ー1970年を中心に

練馬区石神井公園ふるさと文化館分室
開催中〜3月30日(土)
手塚治虫、石ノ森章太郎、松本零士、白土三平
ちばてつや、モンキー・パンチ、竹宮恵子ら
練馬区ゆかりの漫画家の活躍を当時の漫画本などで
振り返る
皆さん練馬区にゆかりがあったんですね。
練馬区に住んでたことありましたが知りませんでした。

posted by 絵本作家フェスタ at 00:00| Comment(2) | 展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

MOE3月号

久しぶりにMOEを買いました。
巻頭特集は『クマのプーさん』、
ですが私が読みたかったのは
『魔女の宅急便』の作者、角野栄子さんの
ロングインタビュー「物語の生まれるところ」です。

角野栄子さんといえば『魔女の宅急便』のみならず
素敵な物語をたくさん書かれていて
2018年国際アンデルセン賞・作家賞を受賞されました。

こちらに詳しいことは書きませんが
角野さんの子供時代のお話など、とても読み応えのある
ロングインタビューでした。

ほかにも
ヒグチユウコさんの最新ニュースやバラエティーカード、
映画『メリー・ポピンズ リターンズ』の紹介など
楽しい話題がいっぱいでした。

4月号は
かこさとしさんの特集です。
IMG_1346.JPG






posted by 絵本作家フェスタ at 00:00| Comment(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする