絵本作家フェスタでは参加者を募集しています。

2019年02月03日

泣いた赤おに

今日は節分ですね。
節分の絵本が本屋さんにいっぱい並んでました。

節分といえば鬼。
鬼の絵本といってすぐ思い浮かぶのは
『泣いた赤おに』です。
小さい頃はそれほど好きではなかった絵本です。
大きくなるにつれお話がよく理解できるようになると
とても切ないお話に胸が痛くなりました。

『村人と仲良くなりたい赤おにのために
友達の青おにが計画して、自ら悪者になって村人を襲い
赤おにに村人を助けさせることで、赤おにを信用させる。
そして赤おには村人に受け入れられ仲良くなると
青おにの家に行きます。
そこには青おにからの手紙がありました。。。』

心優しい鬼たちのお話です。





posted by 絵本作家フェスタ at 00:18| Comment(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな絵本は、ヘイトスピーチやってる連中や、どっかの国のアメリカ大統領に読んでほしいね!。
Posted by すのうえ at 2019年02月03日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。