絵本作家フェスタでは参加者を募集しています。

2018年12月15日

ウイーンで絵をみる

旅行の楽しみのひとつが美術館巡りです♪
ウイーンにある絵といってすぐに思い浮かぶのがクリムト。

IMG_1169.JPG
ここベルヴェデーレ宮殿の美術館には
有名な『接吻』1908年があります。

IMG_1167.JPG
そんなに好きな絵ではなかったんですが、
目の前で見る接吻はとにかく素晴らしかった!
写真などでは金色の部分ばかりが目に入りますが
実物は足下に細かく描かれた花とのコントラストが
とても素敵でした。

このほかにもクリムト、エゴンシーレをはじめ
たくさんの絵がありましたが
ここにはもう一枚、誰でも一度は目にしたことがあろう絵が…

IMG_1166.JPG
『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』
世界に数枚あるうちの1枚らしいです。

ところで、クリムトの『接吻」とこのナポレオン
アジアの団体さんが列をなして記念写真を撮っていました。
皆さん絵は見ずに絵をバックに記念写真をパチリ!
いろんな楽しみ方がありますね。  

IMG_1935.JPG IMG_1952.JPG
こちらは美術史美術館です。クリムトの壁画が美しいです。

IMG_1171.JPG
『バベルの塔』1563年ピーテル・ブリューゲル

IMG_1172.JPG
『ロザリオの聖母』1606年〜1607年カラヴァッジョ

IMG_1173.JPG
『絵画芸術』1666年頃フェルメール

あらゆる画家の絵が並び、とても見応えのある美術館でした。
日本でも良い展覧会はありますがものすごい人人人!で
なかなか絵にたどり着けないとかってことも。
旅先で静かにゆっくり好きな絵を好きなだけ賞でる♪
贅沢な時間です。













posted by 絵本作家フェスタ at 00:00| Comment(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする